ジャパンCの予告

↓↓ちょっとだけ立ち読みできます↓↓

ジャパンC(G1)
1着 ダンビュライト
2着 レイデオロ
3着 タイセイトレイル
4着 カレンブーケドール
5着 スワーヴリチャード

ただでさえ難解なメンバーなのに、道悪・・・良馬場でやってもらいたかったね。ただ馬券的におもしろくなる、そう思うことにしよう。ダンビュライトの逃げなら遅くはないが、道悪なら前が残りやすくなる。そのまま載冠だ。レイデオロは道悪も東京も↑↑条件。力を見せる。タイセイトレイルは前走2着がびっくり。差し競馬の瞬発力勝負。もっとも苦手なレースのはずだったが。今回はミルコが本来の積極的な競馬で一発狙う。軽量カレンブーケドール、実績馬スワーヴリチャードが渋太い競馬。

結果
1着 スワーヴリチャード
2着 カレンブーケドール
3着 ワグネリアン
4着 マカヒキ
5着 ユーキャンスマイル

評価 25点
勝ち時計が2:25.9。上がり3Fのレースラップが37.2。力のいる馬場でスワーヴリチャードが力を発揮した。カレンブーケドールも軽量を生かし、完璧な競馬。甘いが相手が強くても走れる能力を再確認。ワグネリアンは来てはいるんだけどね。マカヒキはさすが武豊。かなり外に出して、どの馬よりもキレイな馬場を追い込んでの4着。勝ち負けはともかく、5~6着馬とクビ差、クビ差だったから、これで賞金4500万円ゲットはデカい。ユーキャンスマイルに限らず、良馬場の競馬が見たかったけどね。