ステイヤーズSの予告

↓↓ちょっとだけ立ち読みできます↓↓

ステイヤーズS(G2)
1着 チェスナットコート
2着 リッジマン
3着 オジュウチョウサン
4着 アルバート
5着 サンシロウ

オジュウチョウサンの逃げか。仮に逃げなくても、「上り勝負にならないように持ち込みたい」という陣営。デムーロ騎手が持ち前の機動力を発揮する。そんな流れなら、頭はチェスナットコート。天皇賞春5、6着は、ステイヤーズSを勝てる能力を意味する。坂井騎手がG2をゲットする。2着はリッジマン。このレースは特殊なレースなのだろう。リピーターが多い。力を見せる。上がりのかかる勝負に持ち込めれば、オジュウチョウサンのスタミナは脅威。アルバートは3連覇に敬意を払うも、昨年の時点ですでに陰りが・・・

結果
1着 モンドインテロ
2着 アルバート
3着 エイシンクリック
4着 メイショウテンゲン
5着 サンシロウ

評価 15点
出入りが激しく、超長距離戦にもかかわらずスリリングな展開でおもしろかった。スローはスローだが、例年よりも流れた。1着が7歳馬のモンドインテロ、2着が8歳馬のアルバート・・・このレースは改めて、歳や調子に関係なくリピーターが強いことを再確認。でもそれなら、リッジマンはどうしたんだ?!もうちょっとスンナリ流れたレースなら、オジュウチョウサンも勝ち負けだったかもしれない。6着だったが立派なレース。チェスナットコートはじっくり差しのレースをしてほしかったが、それにしても4コーナーでアラアラ。